3 things I hate about France [JP]

フランスの好きなところを以前5つ書いたので、今度はその反対を考えていきます。

フランスの嫌いなところと言ったらすこし強すぎるいい方になってしまいますが、フランスのすこし困ったところ、あんまり好きになれないところを3つ挙げてみます。


1.歩きたばこ
これはフランスに来て、すごく不快だなーと思ったこと。最初は普通に歩きタバコをしている人がいてルールが違うんだなーと思っただけだったんですが、近くに小さな子供が歩いているのに、タバコに火を付けたまま普通に歩いていてタバコの火が子供に触れそうになったのをみてびっくりしました。

2.手続きの遅さ
何をしようとしても、外国人はいろんな手続きをしなくちゃいけません。そして、ビザやその他もろもろ、すべての手続き、その過程が遅いんです。

3.no patience
日本語でどういえばいいのかわからないんですが、短気な人が多いというか、気が短いというか、外国人が頑張ってフランス語を話しているのに、それが遅いからイライラしたりというのをよく見かけます。別に急いでるわけでもないのに。
列に並んで待っていても、無駄にイライラしている人が多くて、見てるとこっちまでストレスを感じます。。。ちょっとぐらい寛容になってほしいところです。

こういうのってほんとなら言い出したら切りがないんですが、自分の文化とは違うので理解ができなくても当然だし、多少「こうだったら楽なのに」なんて思うこともありますが、なるべく愚痴らず、しょうがないと割り切るようにしています。だから本当は5つ書こうと思ったのですが、案外出てこなかった(笑)

フランス、ほんとにいろんな意味で面白い国です(笑)







コメント